コニャック

 

コニャック

酒蔵にて蒸留酒を堪能する。 ボルドーから北へ1時間30分、120kmのコニャック生産地域はシャラント・マルティム県に位置。 緩やかに起伏する丘と葡萄畑の田園地帯に囲まれた、シャラント川の畔にあるこじんまりとした愛らしい町。 古い家々が立ち並ぶ歴史的中心街コニャック、ここは万人が認める有名コニャックメーカーの都であります。シャラント川流域に位置するコニャック・へネシーは、18世紀の酒蔵を見学のために開放しており、現代建築様式の博物館ではその製造の秘密のいくつかを紹介しています。 もうひとつの有名なコニャックメーカー、レミー・マルタンがあるのも遠くではありません。4kmほど行ったところのメルパンMerpins市では、樽工場と酒蔵を見学することができ、また小さな汽車で葡萄畑を一周することもできます。 シャラント川に沿ってジャルナックにもその他の有名なメーカーが軒を連ねています。シャラント川の流れに乗って船でクルーズを楽しめます。近郊のスゴンザックは、最高級のコニャックであるグランド・シャンパーニュの小さなメーカーがあふれています。 オー・ド・ヴィ・ド・ヴァン・ド・コニャック(Eau-de-vie de vin de Cognac) コニャックの生産区画では、6つのクリュを合わせて約6200葡萄農家がコニャック用の白ワインを生産しています。主に栽培されている品種はユニ・ブランです。 アルコール発酵の後、白ワインを蒸留しオー・ド・ヴィをつくります。 コニャックはその発祥以来の蒸留方法を堅持しています。 シャラント式アランビックでの2回にわたる蒸留は、今でも変わっていません。 産地、クリュ グランド・シャンパーニュ / Grande Champagne プティット・シャンパーニュ / Petite Champagne ボルドリ / Borderies ファン・ボワ / Fins Bois ボン・ボワ / Bons Bois ボワ・オルディネール / Bois ordinaires または ボワ・ア・テロワール / bois à terroir